看護師の職場と年収の関係について

看護師 年収

看護師さんというと、私たち人間が生きていくうえで、なくてはならない人たちです。イメージとしては、子供から見れば優しいお姉さんのような存在であるところで、時に怖いことをする場所だと思われているかと思います。大人にとっても病院を好きだという人はそうはいないと思います。そんな中で活躍している看護師ですが、勤務も過酷で、大変そうと思われることが多いと思いますが、近年は医療分野ではなく、介護分野や保育の現場にも看護師が働ける場所ができています。看護師は国家資格を習得できるものです。では、看護師さんの仕事とはいったいどんなものなのか、どんな業種で働くことができるのか、皆さん気になっているところと思いますが、看護師さんの月収や、年収についての関係性について、触れていきます。

看護師の資格を生かせる職場と年収

看護師さんの仕事には、命の現場に携わることが多いと思われるのですが、夜勤などの重労働もある勤務の割に、給料が合わないなどの問題から、看護師の道を諦めてしまうケースも多くあるようです。近年は、病院勤務以外にも、看護師の仕事を生かすことができる分野が増えてきています。挙げていくと、学生の修学旅行などに、添乗員として参加する、ツアーナース、保育園での勤務、イベントナース、医療機器メーカーへの勤務、高齢者向け施設などの介護関係など、看護の分野で働ける場所が、たくさん増えてきています。そのため、看護師の資格を取り、各方面への選択肢が広がってきています。国家資格ですから、持っていて損はない資格です。では、年収はいったいどのくらいになるのかを、平均的に見ていきたいと思います。

看護師の年収についての関係性について

看護師と聞くと、お給料をたくさんいただいているイメージを持たれている方は多いのではないかと思います。看護師さんの声の中で、勤務の過酷さに対して給料が安いという声もあるようです。それでは一体どのくらい看護師さんの年収があるのか、気になったので調べてみました。看護師という仕事は、一般の女性労働者の平均を見ていくと、平均値より高い収入を得ているというデータが出てきています。平均よりもたくさんもらえていて、うらやましいと思うところもあるかと思いますが、命を守る現場にいる勤務は、緊急性を伴う事でもありますので、とても大変なお仕事と言えるでしょう。命の現場で、私たちの命を守る医師とともに、活躍をしている看護師さんたちなのですから、私たちも感謝をしていかなくてはならないと思います。