看護師の年収はどれくらいあるのか

看護師 年収

一般的な女性の年収に比べて、看護師は年収が高めであるといわれています。もちろん勤務先によっても差はありますが、平均月収30万前後、ボーナスも50万から100万ほどあり、平均年収は450万円ともいわれています。給料の内訳は、一般的な基本給はほぼ他の職種と変わりがないのですが、これにプラスされる各種手当が給料を上げる要因となっています。例えば夜勤手当、看護師手当、休日手当などです。夜勤手当は看護師手当の中でも最も多いといわれており、多い場合は3万円以上もつくようです。看護師手当については資格を持つことでもらえる手当です。看護師の仕事は耐えることはなく常に求人がある上に、パートや派遣であってもほかの業種よりいい給料がもらえることから、安定した職業であると言えます。

看護師の年収が高いと思うかどうかはあなた次第

看護師は、年収が高いという点や、安定している点において魅力と言えますが、どうしても体力的にはきついものがあります。人の命を預かるという責任ある仕事でもあり、24時間体制での勤務体制となるため夜勤や休日の勤務も避けられないので、仕事量に見合った給料であるかという点については、疑問を感じている方もいるかもしれません。しかし、やりがいはこの上なく、患者さんが病気やケガが良くなり回復することが何よりもうれしいものです。患者さんの喜ぶ顔、うれしい言葉が何よりも励みになります。体力や広い知識や経験、判断力などが必要であり、ストレスを抱えてしまうこともありますが、努力した分だけ結果として反映され、評価もおのずと上がってきます。給料がよいと感じるか否かは働くあなた次第ということです。

正看護師と准看護師での年収をはじめとした違いについて

看護師には正看護師と准看護師があります。その違いは法的な違いとして、正看護師は厚生労働大臣の認可を受けている資格、准看護師は都道府県知事の認可を受けている資格で、正看護師は国家資格であり、高度な医療に対応できる資格です。准看護師は正看護師の指示を受けることで行う業務となっています。実際には業務的に違いはほとんどなく、同じように業務をこなしているようですが、年収や昇格などの待遇面においては大きな違いがあります。また、正看護師は大学病院や総合病院など、准看護師はクリニックや介護施設などでの求人が多いという現実もあり、よりいい年収を目指す方、大学病院や総合病院などで高度な医療のサポートをしたいという方は、勤務をしながらの正看護師へのキャリアアップも可能ですので、おすすめします。一方准看護師では日勤のみの仕事なども多くあるため、ライフスタイルに合った働き方ができます。