年収が多い仕事の代表である看護師

看護師 年収

会社に就職するとき、仕事内容以外にも生活していくために必要な月収や、年収もしっかりと確認しておくことはとても重要です。そんな中で看護師は、普通のサラリーマンの年収に比べて高い年収として有名です。年収の平均は519万円が平均で、男性の看護師では462万円、女性の看護師では470万円です。年代別の月収では、20代では28万円、30代では33万円、40代では35万円と、同年代のサラリーマンに比べると高収入となっています。人の命に関わるケアをしているので、サラリーマンに比べて仕事内容はとても大変です。さらに、夜勤や緊急オペなどがあるので、実際に看護師として働いている人の中には月給の割に合わないと感じている人や、月給が下がってもよいから定時で帰宅したい人もいるのです。高年収のわりには、とても大変なお仕事です。

年収の高い看護師の職場別のランキングなど

看護師さんというと、市民病院や大学病院以外にも、町の診療所などにもいます。働く病院の規模によってももちろん、看護師の年収は変わってきます。1番年収が高い職場は、ER看護師で543万円、大学病院で490万円、総合病院で465万円、個人病院や個人クリニックで390万円です。緊急性を要する患者さんや、生死の境をさまよう重症の患者さんが運ばれてくることが多いERでは年収が高いのですが、それだけ仕事内容も大変な面が多いのです。地域によっても看護師の年収は異なります。人口が多いところや、大都市の病院に勤めている看護師の年収が高く、47都道府県では東京都の年収が1番高くなっています。医療関係者は年収が高いですが、全体で見ると看護師の年収は医療関係者の中では医師、薬剤師などに次いで4番目に年収が高いです。

看護師の年収についてのその他の情報

年収が高く、責任感の高い仕事として看護師を目指す人もたくさんいます。たくさん勉強や実習を行い、晴れて看護師になったとき、看護師1年目の平均年収は、379.6万円です。看護師になる平均年齢は20歳から24歳で、平均的な月収は27.3万円です。これは、普通のサラリーマンの1年目に比べても高いのです。また、年間のボーナスは、51.3万円となっています。看護師と聞くと女性のイメージが多くあるのですが、男性の看護師もいます。女性看護師と男性看護師によって年収の差は実質そこまで変わらないのですが、求人先によっては男性看護師のほうが年収の高い場合があります。救急医療などで患者さんが暴れたりすることがあると治療を行うときには、抑えておかなければなりません。そんなときには男性看護師のほうが力もあり、求人先によっては男性が必要とされます。