知っておきたい看護師の年収について

看護師 年収

年収が気になる方は多いですが、一般的に医者は年収が高く、公務員は初任給こそ低めですが生涯年収が高いと言われており、看護師も年収が高いと言われている職業の一つです。厚生労働省が統計を取っている賃金データの「賃金構造基本統計調査」によると、看護師の平均年収は労働者全体をはるかに上回っています。労働者全体の年収は右肩下がりとなっていますが、そんな中看護師の年収はほぼ横ばいを保っています。さらに、リーマンショックが発生した平成20年と21年では、全職種において平均年収は30万円以上も下がっていますが、看護師を見てみると年収自体は下がっていますが、差は労働者全体と比較しても大きくありません。このことからも看護師の年収は、景気による変動が少なく、高水準で安定していることが分かります。

看護士の年収を年代別に比較してみました

労働者全体と女性労働者全体、そして看護師の年齢別の年収を比較してみると、20歳から始まっている最初の段階から、他の2つと比較しても高い水準で始まっています。そしてどの年代を見てみても、看護師の年収は女性労働者全体の年収を常に上回っています。特に20歳から24歳という新社会人世代では、他の2つよりも約倍近い年収となっており、圧倒的に高いことが分かります。看護師の年収は393万円から始まっており最高額は50歳から54歳の549万円となっています。女性労働者全体では定年した60歳以降では、300万円近くまで落ちているが、看護師の平均年収は約400万円を維持しているため、いかに平均年収高いことが分かります。看護師の給料は、年収自体は高めとなっているが、昇給率は低めであることが分かるのです。

看護師の年収を他の職業と比較してみました

看護師の年収は高めであることが分かりましたが、色々な職種と比較してみるとどのような位置づけになるのでしょうか。厚生労働省のデータに基づいた女性全70種類の平均年収のランキングでは、看護師は第11位の約474万円となっています。ちなみに第1位は医師の約989万円、第2位は歯科医師の796万円、第3位は大学講師の628万円となっています。看護師の年収は70職種中第11位で、世間で高収入といわれている医師や歯科医師、公認会計士などに次いで上位に位置しています。ここで注目してほしいのは、弁護士が第15位で約441万円となっている点です。弁護士も世間的には高収入と言われていますが、女性だけに限定して比較をすると、弁護士よりも看護師の方が年収は高いという結果になるのです。

専属のキャリアアドバイザーによる親身かつ、献身的なサポートをいたします。 看護師求人サービスとしては10年以上、これまでに1万件以上の転職実績がございます。 常勤や夜勤など、看護師の仕事をするにあたり重要な勤務時間もわかりやすく公開しています。看護師専門のアドバイザーによる無料サポートをいたします。 東京・名古屋・大阪大都市圏であれば、面接までサポートしたコンサルティングサービスが受けられます。 看護師の収入と仕事についてのお役立ち情報はこちら